申請取次行政書士

開業日記

入管業務を取り扱う行政書士は、申請取次行政書士という資格を取ってる人がほとんどです。

これは本人に代理して各種申請ができるというもので、例えばアメリカに帰っちゃった人が日本での申請するの大変ですよね、っていうので必要な資格です。
入管業務を取り扱うにあたっては、そりゃあ必要ですよね。

ただこの資格が無くても書類つくったり相談のったりはできるわけです。書類の提出だけ本人に行ってもらわなくちゃいけないだけで、人によっちゃ自分で役所行って直接話聞きたいって人にとっては代理してもらわなくても結構、って場合もあるのだと思います。

当然僕もこの資格を取るつもりなのですが、3月以降コロナの影響で研修会が相次いで中止になってます。ああああ!いま日程確認したら、7月の福岡も中止だなんて…。さっき日本行政書士連合のページ見たらそんな情報なかったのに。バッドニュースのキャッチは早いなんて…。

他の行政書士の先生の記事を見てると毎回定員超えてるとのことなので、これだけ中止した後はパンクして、なかなか受講できないなんてことにならないかしら…。

同じく研修受けられない人がたまってきてるんでしょうね、今回初めて「研修会の代替措置を検討している」との文言が入ったので、期待するしかないですね。

ちなみにほかの先生の記事では、その日試験があって結果が出るまで2週間、さらにそこから届出して1か月後に資格を得るということで、随分先になっちゃいそうです…

他の業務の研修も行われてないから、正直心細いですね。

明日にも事務所の封筒が出来上がるので、それできたら近隣の先生たちに挨拶回りしてアドバイスもらいながら、業務の事聞こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました